〒471-0855 愛知県豊田市柿本町6-21

《休診日》土曜午後、水曜、日曜、祝日

0565-28-4657

胃腸内科・内科

久保田クリニック|愛知県豊田市 – 胃腸内科・内科・大腸内視鏡・胃内視鏡・ピロリ菌検査・日帰りポリープ摘出手術

《診療時間》9:00〜12:00、15:00〜18:00
《休診日》土曜午後、水曜、日曜、祝日

0565-28-4657

久保田クリニックメインイメージ

日帰り大腸ポリープ摘出手術

大腸ポリープとは、大腸の粘膜に発生した限局性隆起病変の総称です。大腸ポリープには良性と悪性がありますが、始めは良性だったものががんに進行してしまう場合もあります。

大腸ポリープの症状

  • 血便が出る(肛門近くにポリープができた場合)
  • 腸閉塞

大腸ポリープはほとんどの場合、自覚症状がありません。特に小さいポリープの場合は、全て無症状となります。そのため大腸がんになる可能性のあるポリープを早期発見するためには、がん検診を受診することが最も重要です。

日帰り大腸ポリープ摘出手術について

久保田クリニックでは十分な経験と技術を持つ医師が検査をし、患者さんのお腹の張りや不安を取り除くため静脈鎮静麻酔を用いた大腸内視鏡検査を施行しています。
大腸内視鏡検査を行った際にポリープが見つかれば、その場ですぐに切除が可能です。入院の必要はありません。大腸内視鏡検査でポリープを切除しておくことが、がんの予防に繋がります。気になる方は、お気軽にご相談ください。
ただし、入院が必要となることもありますので、その場合は豊田厚生病院やトヨタ記念病院等へ紹介させていただきます。

入院が必要な場合

  • ポリープの範囲が広い
  • ポリープが深いところまで達している
  • 内臓機能が低下している
  • 血液系の薬を服用している

トップへ戻る